JR貨物-DF200-116

 JR貨物 DF200-116の甲種輸送列車が運行されました。
 先に登場した DF200-223(旧123)同様、川崎重工で改造工事を施工の後、愛知地区に転属する予定です。
 本日は、5085列車で吹田貨物ターミナル駅まで輸送されました。(川崎重工最寄り駅の兵庫駅には24日輸送予定)

北海道から輸送された DF200-116。
DF200-116-2
東海道本線西大路駅

EF210-104けん引 5085列車。 約5時間遅れで運行。
EF210-104-DF200-116 EF210-104-DF200-116-2
東海道本線山科駅

京都貨物駅を出発する EF210-104けん引 5085列車。
EF210-104-DF200-116-3 EF210-104-DF200-116-4
東海道本線西大路駅

DF200-116。
DF200-116 DF200-116-2
東海道本線西大路駅

DF200-116。(後打ち撮影)
DF200-116-EF210-104 DF200-116-EF210-104-2
東海道本線西大路駅




 
スポンサーサイト

JR貨物-DD200-901

 JR貨物新型ディーゼル機関車 DD200-901が川崎重工から発送されました。
 JR貨物は、これまでDE10・DE11の置き換えに HD300車両が投入されていました。 ただ、この車両は貨物駅などの入替用途に特化した仕様だった為、本線上で運行することが不可能でした。
 老朽化したDE10・DE11の置き換えを進めるため、新たな新型車両として開発されました。
 この車両は、HD300と異なり、ATS等の保安装置が装備されており、本線上で運行する事が可能になりました。
 DE10相当のサイズや性能をベースとしつつ、動軸の数を4軸に減らし重量を減少。 最高速度が110km/hに引き上げられました。(DE10は 85km/h)
 今後、各線で試験運行される予定です。

JR貨物新型ディーゼル機関車 DD200-901。
DD200-901
川崎重工兵庫工場(敷地外から撮影)

 吹田貨物ターミナル駅まで DE10-1743がけん引しました。

多数の鉄道ファンと従業員に囲まれつつ連結。
DE10-1743-DD200-901
和田岬線兵庫-和田岬駅間

川崎重工から出発する DD200-901。
DE10-1743-DD200-901-2 DD200-901-2
和田岬線兵庫-和田岬駅間

DE10-1743けん引、DD200-901。
DE10-1743-DD200-901-3 DE10-1743-DD200-901-4 DD200-901-DE10-1743
山陽本線兵庫-新長田駅間

 吹田貨物ターミナル駅から EF65-2086に交代しました。(ヨ8902組み込み)
EF65-2086-DD200-901 EF65-2086-DD200-901-2 DD200-901-EF65-2086
東海道本線摂津富田-高槻駅間

吹田貨物ターミナル駅から、ヨ8902が連結されました。
DD200-901-ヨ8902
東海道本線摂津富田-高槻駅間

EF65-2086-DD200-901-3 EF65-2086-DD200-901-4
東海道本線京都-山科駅間

DD200-901-EF65-2086-2 DD200-901-EF65-2086-3
東海道本線京都-山科駅間

JR貨物-DF200-223

 JR貨物 DF200-223が川崎重工から発送されました。
 今年1月下旬、北海道地区から回送されてきた DF200-123です。
 この車両は、「JR貨物平成28年度事業計画の一文に、関西線 DD51形ディーゼル機関車置き換え用として DF200形仕様変更車を試作」との記載があり、川崎重工で改造工事が施工されたものと思われます。
 改造工事完了後、現番号から+100追加され DF200-223になりました。
 本日、新たな配置先となる愛知機関区へ向かいました。

吹田貨物ターミナル駅まで DE10-1733がけん引しました。
DE10-1733-DF200-223 DE10-1733-DF200-223-2 DF200-223-DE10-1733
和田岬線和田岬-兵庫駅間

DE10-1733-DF200-223-3 DF200-223-DE10-1733-2
山陽本線兵庫-新長田駅間

吹田貨物ターミナル駅から EF64-1046に交代しました。
EF64-1046-DF200-223 DF200-223-EF64-1046
東海道本線摂津富田-高槻駅間

EF64広島更新色 EF64-1046けん引 DF200-223。
EF64-1046-DF200-223-2 EF64-1046-DF200-223-3 EF64-1046-DF200-223-4
東海道本線京都-山科駅間

川崎重工で改造工事が施工され、 DF200-223に改番して出場。
DF200-223-EF64-1046-2 DF200-223-EF64-1046-3
東海道本線京都-山科駅間

JR貨物-EF510-509

 元「カシオペア」専用機 EF510-509が、JR貨物に移籍後初運用に就きました。
 配給6550列車の運用に投入され、次位無動にEF510-508が付きました。
 EF510-509は、吹田機関区で貨物仕様に改装していましたが、5月中旬に作業を完了し富山機関区に回送されていました。
 貨物仕様に改装の際、これまで描かれていた「流星マーク」が消されました。

JR貨物に移籍後初運用に就いた EF510-509。
EF510-509-EF510-508-2 EF510-509-EF510-508
東海道本線京都駅

「流星マーク」が消され、見た目が寂しくなった。
EF510-509-7
東海道本線京都駅

参考画像-吹田機関区入場前。
EF510-509-6
北陸本線福井-越前花堂駅間

次位無動に付いた 元「北斗星」専用機 EF510-508。
EF510-508-EF510-509
東海道本線京都駅

続きを読む

JR貨物-EF510-509

 EF510-509が、富山機関区から吹田機関区に回送されました。
 この車両は、寝台特急「カシオペア」けん引用でしたが、列車運用を一旦終了した為、JR貨物に移籍しました。(「カシオペア」は、6月からクルーズトレインとして運行される予定ですが、けん引機はEF81等に。)
 今後、吹田機関区でJR貨物仕様に改装される予定です。 車体に描かれている「流星マーク」と「がんばろう日本」ステッカーははがされるものと思われます。

EF510-504けん引 EF510-509。
EF510-504-EF510-509 EF510-504-EF510-509-3 EF510-504-EF510-509-4
北陸本線福井-越前花堂間

元「カシオペア」専用機 EF510-509。
EF510-509-4 EF510-509-5 EF510-509-6
北陸本線福井-越前花堂間

JR貨物南福井駅で、先に貨物に移籍した 515号機と並んだ509号機。
EF510-515-EF510-509
北陸本線福井-越前花堂間
プロフィール

てぃーけーいちよん

Author:てぃーけーいちよん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR