JR北海道-マヤ35

 JR北海道新型検測車 マヤ35が日立製作所笠戸工場から発送されました。
 これまで運用されていた マヤ34が老朽化した為、置き換え目的で登場しました。
 マヤ34同様自走は不可で、JR北海道配置の各種車両やJR貨物の機関車が牽引する事で運行されます。
 牽引される際の、最高速度は110km/h(但し、キハ40が牽引時95km/h)まで引き上げられ、これまでより速い速度で検測する事ができるようになりました。
 また、マヤ34では不可能だった積雪時の検測や、レーザ波を用いた検測が可能になりました。
 今後、2018年3月頃まで各線で各種試験ののち、2018年4月に運用を開始する予定です。

JR北海道新型検測車 マヤ35-1。
マヤ35-1 マヤ35-1-2
左-東海道本線東淀川駅 右-東海道本線京都駅

吹田貨物ターミナル駅まで EF200-19がけん引しました。
EF200-19-マヤ35-1 EF200-19-マヤ35-1-2
東海道本線東淀川駅

吹田貨物ターミナル駅から EF510-507に交代しました。
EF510-507-マヤ35-1 EF510-507-マヤ35-1-2
東海道本線摂津富田-高槻駅間

控車として、ヨ8902が最後尾に連結されました。
ヨ8902-マヤ35-1
東海道本線摂津富田-高槻駅間

EF510-507けん引、マヤ35-1。
EF510-507-マヤ35-1-3 EF510-507-マヤ35-1-4
東海道本線京都駅




スポンサーサイト

JR北海道-キハ261-1000

 JR北海道特急用気動車 キハ261-1000番台が川崎重工から発送されました。
 今回輸送された車両は、鋼体計8両です。
 川崎重工が車体の製造を担当し、新潟トランシスで車体内外装等の仕上げが施工されます。

 吹田貨物ターミナル駅まで DE10-1750がけん引しました。
DE10-1750-キハ261-1000 DE10-1750-キハ261-1000-2
東海道本線東淀川駅

キロ261-1112。
キロ261-1112
東海道本線東淀川駅

吹田貨物ターミナル駅から EF510-17に交代しました。(ヨ8902組み込み)
EF510-17-キハ261-1000 EF510-17-キハ261-1000-2
東海道本線摂津富田-高槻駅間

キロ261-1112。 機関車次位にヨ8902を連結。
キロ261-1112-2
東海道本線摂津富田-高槻駅間



JR北海道-キハ261-1000

 JR北海道特急用気動車 キハ261-1000番台が川崎重工から発送されました。
 今回輸送された車両は、鋼体計4両です。
 川崎重工が車体の製造を担当し、新潟トランシスで車体内外装等の仕上げが施工されます。
 先に出場した車両同様、カラーリングが変更されています。

 吹田貨物ターミナル駅まで DE10-1192がけん引しました。(ヨ8794組み込み)
DE10-1192-キハ261-1000-3 DE10-1192-キハ261-1000-4
山陽本線(和田岬線)和田岬-兵庫駅間

DE10-1192-キハ261-1000-5 DE10-1192-キハ261-1000-6
山陽本線鷹取駅

吹田貨物ターミナル駅から EF510-11に交代しました。
EF510-11-キハ261-1000 EF510-11-キハ261-1000-2
東海道本線京都駅

キロ261-1110。
キロ261-1110 キロ261-1110-2
左-川崎重工兵庫工場(敷地外から撮影)
右-山陽本線(和田岬線)和田岬-兵庫駅間

左-キハ261-1326。
右-キハ260-1327。
キハ261-1326 キハ260-1327
山陽本線(和田岬線)和田岬-兵庫駅間

キハ260-1110。
キハ260-1110 キハ260-1110-2 キハ260-1110-3
左-山陽本線(和田岬線)和田岬-兵庫駅間
中・右-山陽本線鷹取駅

ヨ8794+DE10-1192。
ヨ8794-DE10-1192 DE10-1192-ヨ8794
山陽本線(和田岬線)兵庫-和田岬駅間

控車 ヨ8794。
ヨ8794
山陽本線(和田岬線)和田岬-兵庫駅間

JR北海道-キハ261-1000

 JR北海道特急用気動車 キハ261-1000番台が川崎重工から発送されました。
 今回輸送された車両は、鋼体計8両です。
 川崎重工が車体の製造を担当し、新潟トランシスで車体内外装等の仕上げが施工されます。

 吹田貨物ターミナル駅まで DE10-1192がけん引しました。(ヨ8902組み込み) 
DE10-1192-キハ261-1000 DE10-1192-キハ261-1000-2
東海道本線東淀川駅

 吹田貨物ターミナル駅から EF510-502に交代しました。
EF510-502-キハ261-1000 EF510-502-キハ261-1000-2 EF510-502-キハ261-1000-3
東海道本線摂津富田-高槻駅間

キハ260-1107 キハ260-1107-2
左 東海道本線東淀川駅
右 東海道本線摂津富田-高槻駅間

JR北海道-キハ285系900番台

 JR北海道新型特急用気動車 キハ285系900番台が、川崎重工から発送されました。
 この車両は、複合車体傾斜システムとMA(モータ・アシスト)ハイブリッド駆動システムを新たに採用しさらなるスピードアップと省エネルギー化を両立した次世代の特急用気動車として製造されました。
 しかし、JR北海道の経営方針変更に伴い、車両開発計画が中止となりました。
 試作車として1編成計3両が完成したこの車両は、今後在来線用検測車に転用すること等が検討されています。

 ※ 残念ながら、活用される事なく廃車されました。

吹田貨物ターミナル駅まで DE10-1192がけん引しました。
DE10-1192-キハ285-900-4 DE10-1192-キハ285-900-6
山陽本線鷹取駅

吹田貨物ターミナル駅から EF510-17に交代しました。
EF510-17-キハ285-900 EF510-17-キハ285-900-3
東海道本線摂津富田-高槻駅間

キハ285-902。
キハ285-902-4
川崎重工兵庫工場(敷地外から撮影)

川崎重工兵庫工場から出発した キハ285系900番台。
キハ285-901
山陽本線(和田岬線)和田岬-兵庫駅間

キハ285-901。
キハ285-901-4 キハ285-901-5.
山陽本線鷹取駅
プロフィール

てぃーけーいちよん

Author:てぃーけーいちよん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR